HOME 九州情報大学について 研究紹介 就職情報 PC-Clinic 附属図書館   受験生 在学生 卒業生
九州情報大学について
TOP 大学案内 学部紹介 大学院紹介 研究紹介
大学院紹介
HOME > 九州情報大学について > 大学院紹介 > 研究科長メッセージ
研究科長メッセージ
グローカルな多様性に富んだ社会のなかで、地域に奉仕できる高度な専門職業人の育成と経営情報学研究の深化の場をめざして
研究科長 木下 勝一
 わたしたちは、地球規模で物事を捉え、そこから得た知見を地域の発展に活かすグローカリーゼーションという現代に生きています。このグローカルな現代社会のなかで、地域社会の発展に奉仕する研究の知的拠点を目指すとともに、会計・税務分野の高度な専門職業人を地域社会に送り出すことのできる経営情報学の実践化を図ること、このことが、九州情報大学大学院経営情報学研究科の果たすべきミッションであります。
 九州情報大学大学院経営情報学研究科は、経営学的研究と情報学的研究を融合させた博士前期課程と博士後期課程を設けています。  大学院博士前期課程では、指導教員のもとで、特定の研究テーマを深く掘り下げるとともに、経営情報学の諸分野である、経営学、情報学、会計学、税法学の研究能力を高める教育・研究の指導を行います。そして、学部からの進学者、専門資格取得をめざす社会人などに、大学院博士前期課程での学びの場を提供しています。
 大学院博士前期課程を修了し、学位論文の審査・最終試験に合格した方には、修士(経営情報学)の学位を授与します。
 とくに、大学院博士前期課程の会計学と税法学の分野では、博多駅近くのサテライトキャンパスにおいて、専門職業人の方に向けた高度な知識の修得の場を夜間に開設しています。大学院博士前期課程において、会計学と税法学の特定のテーマに関して研究を行い、修士(経営情報学)の学位を取得したうえで、その修士論文が国税審議会から認定を受けた場合、税理士試験の一部科目が免除されます。
 大学院博士後期課程では、経営学的研究と情報学的研究のより高度な理論探求を体系的に行い、経営のイノベーションを理論的かつ実践的に達成するために必要な戦略を構想できる研究指導を行います。大学院博士後期課程では、現代の高度化と複雑化のなかで提起されている現実の経営情報学の課題に立ち向かい、その解決に貢献できる先端的研究者の育成をはかるとともに、現に社会で活躍されている専門職業人の方がより高度な実践的探求を学術的に研究する場を提供しています。
 大学院博士後期課程を修了し、学位論文の審査・最終試験に合格した方には、博士(経営情報学)の学位を授与します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 交通アクセスリンク集お問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ