ネットワークスペシャリストコース

ネットワークスペシャリストコース

現在、私達の社会は情報ネットワーク時代へ移りつつあります。これから私達の周りのあらゆる物にコンピュータが組み込まれ、それらがネットワークを構成し、私達の生活が便利なように自動的に調整してくれるユビキタスコンピューティングの時代が来るものと予想されています。真のネットワーク時代の実現には、それを支える多くのネットワーク技術者が必要です。ネットワークの専門家として仕事をしていくためには、幅広い知識と共に、しっかりとした技術力が必要です。また、社会の変化を先取りし、社会が必要とするネットワーク環境を予測し、それを構築する先見性や好奇心も身につけたいものです。
ネットワークスペシャリストコースは、君達を、社会に必要とされるネットワーカーに育成します。

コースの概要

ネットワークスペシャリストコースは、私達の生活のライフラインの1つであるネットワーク環境を構築・維持・管理、そして研究開発するネットワーカーを養成するためのコースです。そのために、LANケーブルの製作、パソコンのつなぎ方、ネットワークシステムの設計・構築・管理などを実習を通して学びます。

履修モデル科目の特徴

シスコネットワーキングアカデミープログラムを重点に実践的な学習を行い、ネットワークの基礎理論から応用技術までの先端テクノロジーを習得します。

シスコネットワーキングアカデミープログラム

★ ネットワーク基礎 :ネットワーク通信の基礎理論の習得
★ ルーティング技術 :ルータの設定やルーティングプロトコルの原理等の技術を実習中心に習得
★ イントラネット技術:LAN設計やスイッチング技術、トラフィック制御等の技術を実習中心に習得
★ インターネット技術:ネットワーク設計やリモートアクセス、無線等の技術を実習中心に習得

資格対策講座

★ ネットワーク演習:CCNA,CCNP資格取得を支援
★ 情報テクノロジー演習: ITパスポート資格取得を支援

養成する人材像

ネットワーク管理・Webマネジメントのエキスパートやネットワーク関連の起業家

資格について

ネットワークスペシャリストコースでは、ITパスポートの他に、CCNA (Cisco Certified Network Associate)、CCNP (Cisco Certified Network Professional)、ネットワークスペシャリストの資格取得を支援します。

履修モデル表

太字はコース重点科目、それ以外はコース推薦科目を表しています。

  前 期 後 期
1

 
 
   
基礎数学 2
   
ネットワーク情報システム入門 2
情報数学 2
プログラミング入門 2
初級プログラミング実習 2
統計学 2
2

ネットワーク基礎 6
情報テクノロジー演習(通年) 2
オペレーティングシステム論 2
計算機システム論 2
   
   
ルーティング技術 6
   
   
アルゴリズムとデータ構造 2
経営統計 2
Webデザイン 2
3

4

イントラネット技術 6
ネットワーク演習 2
ネットワークアプリケーション構築 4
   
Webシステム 2
プログラミング論 2
中級プログラミング実習 2
モバイルネットワーク 2
インターネット技術 6
   
   
情報セキュリティ 2