研究科長メッセージ

研究科長メッセージ

グローバルな思考を具えた地域社会に貢献できる専門職業人の養成と最先端の経営情報学研究拠点を目指す

研究科長
大浦 洋子

インターネットがもたらした情報革命はかつてない速度で進化と拡散が繰り広げられ、瞬く間に世界を網羅して社会の在り方を大きく変貌させました。その恩恵を迅速に取入れたのが企業であり、地球規模のグローバリゼーションによって企業文化の同質性が進行すると共に、世界の多様性が脚光をあびるようになりました。同質性と多様性という真逆のフェーズが混在することで、グローバリゼーションには様々な問題をはらんでいることが認識され、問題解決に向けた即応的なアプローチが行われています。

元々、環境問題のスローガンであった「Think globally, act locally」という言葉は、インターネットを基盤とする企業の世界進出に於いても使われています。また、これ以外の多くの分野においても適用可能であり、世界規模で物事を考え、それぞれの地域で具体的な活動を通して社会に貢献する視点を忘れてはいけません。
九州情報大学大学院経営情報学研究科では、グローバルな思考と地域に根差した活動ができる人材を育成することを目的としています。経営、会計・税法、情報の各分野からのアプローチによって、新たな知見や問題解決を図るための研究拠点としての役割を果たすことを目指しています。

九州情報大学大学院経営情報学研究科は、経営学的研究と情報学的研究を融合させた博士前期課程と博士後期課程を設けています。 大学院博士前期課程では、指導教員のもとで、特定の研究テーマを深く掘り下げるとともに、経営情報学の諸分野である、経営学、情報学、会計学、税法学の研究能力を高める教育・研究の指導を行います。そして、学部からの進学者、専門資格取得をめざす社会人などに、大学院博士前期課程での学びの場を提供しています。
大学院博士前期課程を修了し、学位論文の審査・最終試験に合格した方には、修士(経営情報学)の学位を授与します。

とくに、大学院博士前期課程の会計学と税法学の分野では、博多駅近くのサテライトキャンパスにおいて、専門職業人の方に向けた高度な知識の修得の場を夜間に開設しています。大学院博士前期課程において、会計学と税法学の特定のテーマに関して研究を行い、修士(経営情報学)の学位を取得したうえで、その修士論文が国税審議会から認定を受けた場合、税理士試験の一部科目が免除されます。

大学院博士後期課程では、経営学的研究と情報学的研究のより高度な理論探求を体系的に行い、経営のイノベーションを理論的かつ実践的に達成するために必要な戦略を構想できる研究指導を行います。大学院博士後期課程では、現代の高度化と複雑化のなかで提起されている現実の経営情報学の課題に立ち向かい、その解決に貢献できる先端的研究者の育成をはかるとともに、現に社会で活躍されている専門職業人の方がより高度な実践的探求を学術的に研究する場を提供しています。
大学院博士後期課程を修了し、学位論文の審査・最終試験に合格した方には、博士(経営情報学)の学位を授与します。