荒平 高章

荒平 高章

教員紹介

荒平 高章
Takaaki Arahira

職  名:講師
所  属:経営情報学部 情報ネットワーク学科
学  位:博士(工学)
E-Mail:
個人のホームページ:


学歴

2008. 3 九州工業大学情報工学部機械情報工学科 卒業 学士(情報工学)
2010. 3 九州大学総合理工学府物質理工学専攻 修了 修士(工学)
2013. 3 九州大学総合理工学府物質理工学専攻 修了 博士(工学)

 

専門分野

・機械工学
・バイオエンジニアリング
・バイオメカニクス

 

担当科目

・情報リテラシー演習、コミュニケーションと自己発見Ⅰ・Ⅱ
・人工知能特論

 

主な研究課題

・骨・軟骨再生のための有機・無機複合系足場材の作製と評価
・生体材料と細胞による人工組織構築と人工組織の力学挙動の追究
・人工組織に及ぼす力学刺激・磁場刺激の影響
・有限要素法を用いた骨とインプラントの相互作用の検討
・転倒予防のための新規転倒リスク指標の開発

 

教育業績

・物理学に関する空欄補充式テキストの作成と運用(2014~2018)
・物理学基礎実験に関する実習書の作成と運用(2013~2018)
・e-learningを用いた実習試験の運用(2013~2018)

 

研究業績

(著書)
Takaaki Arahira, Mitsugu Todo, Hydrogels and Polymer-based Scaffolds, Chapter 12 : The design of two different structural scaffolds using β-tricalcium phosphate (β-TCP) and collagen for bone tissue engineering, Elsevier, pp.371-398, 2019.

(論文)
Takaaki Arahira, Mitsugu Todo, Biomechanical Analysis of Jaw Bone with Cyst Using CT-Image Based Finite Element Method, Dental Research and Oral Health 2018; 1 (2): 007-016.

荒平高章,東藤貢,間葉系幹細胞を用いた人工骨—軟骨様組織構築に関する基礎的研究,日本臨床バイオメカニクスVol.36, pp.213-220, 2015.

Takaaki Arahira, Mitsugu Todo, Effects of Proliferation and Differentiation of Mesenchymal Stem Cells on Compressive Mechanical Behavior of Collagen/β-TCP Composite Scaffold, Journal of the Mechanical Behavior of Biomedical Materials, Vol. 39, pp.218–230, 2014.

荒平高章,東藤貢,名井陽, 有限要素法を用いた多孔質バイオセラミックスの損傷解析日本臨床バイオメカニクスVol.35, pp.21-28 2014.

荒平高章, 東藤貢, 名井陽. β-TCP/collagen scaffoldの圧縮特性に及ぼす間葉系幹細胞培養の影響. 臨床バイオメカニクス Vol.34, pp.1-10, 2013.

Takaaki Arahira, Mitsugu Todo,Yasuyuki Matsushita,Kiyoshi Koyano, Biomechanical assessment for fully edentulous maxilla with dental implants, Interface oral health science 2011, pp.229-231, 2011.

荒平高章,東藤貢,名井陽,骨組織形成による多孔質バイオセラミックスの力学特性変化に関する研究,日本機械学会論文集A編,Vol.77, pp.784-788,2011.

Takaaki Arahira, Mitsugu Todo,Yasuyuki Matsushita,Kiyoshi Koyano, Biomechanical Analysis of Implant Treatment for Fully Edentulous Maxillas, Journal of Biomechanical Science and Engineering,Vol.5, pp.526-538, 2010.

 

社会活動

(所属学会)
日本機械学会、日本臨床バイオメカニクス学会、日本再生医療学会、日本バイオマテリアル学会、日本靴医学会